伝統を守りながら次の100年の文化と歴史を残し続けています。

 

大堀相馬焼 松永窯 二重急須・二重煎茶碗5個 茶器揃えセット

大堀相馬焼の伝統的な左馬、二重焼、青ひびの特徴が詰まった急須と煎茶椀5つをセットにしました。
熱いお茶を入れて持っても熱くなく、お客様をおもてなしするのに最適な煎茶セットです。
¥16,200 (税込)
商品について 「ただの「モノ」ではない。「思いやり」をプレゼントしてみませんか?」


お茶を飲む。
お茶を楽しむ。

言わずと知れた、日本人の日常の習慣です。


お茶を飲むことは、生活の一部であり、楽しみな時間でもあることと思います。
夫婦で、家族で、友人と・・・その情景は、日々の生活と密接に関わっていることでしょう。
そして、その場面でよくあるのが、熱いお茶を出されて、器を持つ際に、「熱い!」と感じながら、その器の熱くない部分を探して、フゥフゥしながらすするようにお茶を飲むというシーン。

まさに、日常のひとコマです。

でも、この瞬間にちょっとした危険が潜んでおりまして、器を持って「熱い!」と思い、手を引っ込めようとした際に、器を倒してしまう。。。
そんなことを、いつか「やってしまう」かもしれません。
それが、ただの「うっかり」で済めばいいのですが、いままで何十年もそんなことが無かったのに・・・という思いがよぎった瞬間に「老い」を感じて、すごく寂しい思いをしてしまうかもしれません。
反射神経は、年齢とともに鈍っていきますからね。。。


・・・そうなんです。

若い人なら、器を倒しても「あ〜ぁ。。。やっちゃった!」で済む話も、ご高齢にとっては、とってもシビアな「事件」になりかねないんです。


そんな「老いを感じる瞬間」、1日でもいいから先延ばしさせてあげること、できたらいいと思いませんか?
この器には、そんな思いやりを備えているとも言えるんです。

なぜか?

それは、このような陶器では非常に珍しい二重構造なので、どんなに熱いお茶を注いでも、器が熱くならないから。
つまり、熱々のお茶を注いだ直後に器を持っても、熱くなりません。
ほんわかとした温もりを感じる程度ですので、触った瞬間にびっくりすることはありませんし、そのせいで倒してしまうこともないでしょう。

しかも、この二重構造、器だけではありません。
なんと、急須も二重構造なんです。
だから、話に花が咲いてしまい、急須の中に残ったお茶を注いでも、いつもよりも冷めにくいので、いままでよりも美味しくお茶をいただけるんです!
こんな、ちょっとした思いやりと気遣い。

この器でお茶を楽しむ限り、それは毎日、伝わります。

そんな思いやりもセットになった逸品、きっと素敵なプレゼントになることでしょう。
素材 大堀相馬焼
お手入れ 【1】ご使用前 高台(器の底)をご確認ください。
予め高台を滑らかにする作業を行っておりますが、ザラザラしていることがあればサンドペーパー等で磨くことをお勧め致します。
また、ご使用前に一度煮沸していただくことで、汚れや臭いが着きにくくなります。
陶器が全て浸かる程度の水あるいは米のとぎ汁を沸騰させ、弱火で約30分煮沸してください。
30分後、火を止めたら自然に熱が冷めるまで放置します。
熱が冷めたらよく水ですすぎ、十分に乾燥させてください。

【2】ご使用後 カビや汚れが着いてしまった場合には、市販の漂白剤を薄めて浸けてみてください。
ただし、頑固なカビや汚れは落ちないことがあります。
また、上絵等があるものは変色する可能性がございますので、漂白剤のご使用をお控えください。
嫌な臭いが着いてしまった場合には、10分ほど煮沸してみてください。
ただし、臭いが落ちないこともあります。
ご注意 こちらの製品は手作業で製造しているため、サイズ・形・色合いが多少異なる場合がございます。
予めご了承ください。

この商品を買った人がよく買う商品




大堀相馬焼の苦難

もともと福島県を中心に縁起物として買われていた大堀相馬焼ですが、2011年の震災の際、窯が震災の被害にあっただけではなく、陶器の命ともいうべき釉薬の原料を採っていた場所が原子力発電所の事故により立ち入りが禁止されてしまい、300年という相馬焼の歴史が終わるかもしれないところでした。

その後、福島県ハイテクプラザにより、震災以前に使っていたものと同様の発色をする釉薬が開発され、ひとまずは生産を再開することができました。

しかし、原材料とは別に大堀相馬焼の少し変わった生産体制も問題になりました。

大堀相馬焼では粘土から器を成型する“ろくろ師”と整形した器を焼き上げる“窯元”で分業されており、ろくろ師が各窯元を回る形で生産していました。そのため、「大堀相馬焼といえば青ひび模様の二重焼きで馬が描かれているもの」という他の焼き物より具体的な特徴を持っており、窯自体もろくろ師が回りやすいよう一地域に集中して展開していました。

しかし、震災後の避難により各窯は分散し、いくつかは閉業。相馬焼全体での生産力は大きく現象してしまいます。

その苦境を跳ね返すため、各窯元は粘土から器を整形する過程の一部を担当するなどろくろ師の負担を増やさない形での生産体制を作り上げていきました。

その過程で各窯でオリジナルの商品も多く生まれ"新しい大堀相馬焼"ともいえる姿になりました。

大堀相馬焼の二重焼き

最近では珍しくない二重構造の器ですが、この形が考案されたのは明治維新のころ。
廃藩置県により、藩主からの保護がなくなってしまったため他の地域の焼き物と競争しなければいけなくなったことによって生まれた特徴だといわれています。
まだホスピタリティという言葉もない時代に、既に使う人目線での商品開発をしていたことは驚きです。

※全ての大堀相馬焼の製品が二重焼ではありません。
当店では、商品名に「二重」の記載があるものが二重焼商品です。

必ず左向きの走り駒

“駆け駒”や“走り馬”、もしくはストレートに“左馬”と呼ばれることもある縁起のいい馬の絵ですが、実は焼き上げる窯元によって馬の絵はデザインが異なるのです。物産展や福島へのご旅行の際はそれぞれの違いを違いを楽しむのも面白いかもしれません。


大堀相馬焼の窯元はこちらから